ビジネスコラム

割引券は発行しないほうがいい

割引券についてお話します。

あなたは、割引券を発行していますか?
しようと思っていましたか?

もし、割引券を発行しているなら、即刻やめにしましょう。
といっても、これからお伝えすることに「なるほど」と思っていただけたらの話です。

なぜ、割引券を発行しないほうが良いかというと、
あなたの商品価値を下げてしまうからなんです。

「安売り」のイメージが顧客に植えつけられてしまうんですね。

では、どうしたらよいか・・・

「割引券」を「期限付き金券」に表記を変えましょう。

「え?同じことじゃん?」

って思った方。

買う立場になって金券をイメージしてみてください。

割引券は、買えば割り引いてくれる。
金券は、それ自体にその金額の価値がある。

いかがですか?

金券の方が使わないともったいない感高くないですか?

もし、あなたが明日までのお食事券500円券があったら、
「どうしようかな・・・」ってちょっとは考えるでしょう。

しかし、割引券だと、相当倹約している人でない限り、
「どうしようかな・・・」にさえもたどり着かないでしょう。

もし、なるほど!と思ったら、
割引券を「金券」という表記に変えてみませんか?

もちろんその金券には期限をつけてたり、複数枚の利用の可・不可など
自分のコンテンツ・商品にあった形で、発行して下さいね。

あと、金券ですので、安っぽい金券にしないように。。。(^^
クオリティーの良い紙質・デザインを採用しましょうね。

大切なお知らせ

最新記事を見逃したくない方は、是非、登録してくださいね。
こちらのページから読者登録や解除ができます。


 

ご登録いただきますと確認メールが届きますので、メール本文にある承認リンクをクリックして手続きを完了してください。
万が一、メールが届かない場合は、迷惑フォルダをご確認ください。

関連記事


 

最近の投稿

更新情報を受け取る