ビジネスコラム

モニター価格という言葉の弊害

ひよこ起業塾にこられるみなさんには、

ほとんどお話しているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、僕は、「モニター価格」という言葉をお使いになってる方に、その言葉は、以下のような弊害がありますよと伝えています。

モニター価格という言葉のイメージ

売り手が慣れていないから正規料金じゃない ・・・ 大丈夫か?

売り手の新作 ・・・ 出たばかりの商品は品質の保証が「???」

売り手都合 ・・・ お客様に試してもらっている感じ

いかがでしょう?

これは僕なりの見解なので、必ず弊害があるとは言い切れませんが、以下の言い方だったらいかがでしょう?

「体験コース」「体験サービス」

通常売っている内容と品質を、期間限定で「価格を下げた形で体験して頂けます。」

という風に受け取れませんか?

売り手が慣れていないとは思われないでしょう。

なぜなら通常は、定価で提供をしているから、売り手の新作と思われても、通常の内容で、価格が安いだけなら、体験してもいいかな?と感じませんか?

売り手都合か買い手都合か

「体験」という言葉が、お客様の立場の表現なので、売り手都合には感じなくないですか?

いかがでしょう?

僕は、モニター価格と聞くと、何か自信のなさを感じます。

体験コースなら、体験してみようかな?って思います。

あなたがお客様なら、どちらのほうがイメージ的に好印象ですか?

好印象の言葉を使った方が、よいかもしれませんよ。

いかがでしょう?

 

大切なお知らせ

最新記事を見逃したくない方は、是非、登録してくださいね。
こちらのページから読者登録や解除ができます。


 

ご登録いただきますと確認メールが届きますので、メール本文にある承認リンクをクリックして手続きを完了してください。
万が一、メールが届かない場合は、迷惑フォルダをご確認ください。

関連記事


 

最近の投稿

更新情報を受け取る