ビジネスコラム

価格設定 松・竹・梅

価格設定について。

商品は安売りしすぎてもいけないし、高く値をつけすぎてもいけないし・・・
そんな風に思ったことありませんか?

すでに、事業をされている方は、ご存知だと思いますが、
信頼関係がないと、お客様は高額商品を買ってくれないものです。

ですので、わりとお買い求めやすい商品、から高額商品まで
「階段」を作ってあげると、お客さんは低価格商品から順番に
買っていってくれます。

(もちろん低価格商品が粗雑なものであれば、高額なものは買っていただけません。)

商品が1つしかない人は、
お客様に購入してもらえなくてもいいので、
高めの設定の商品をおいておく事も必要です。

日本料理でもありますよね。

松・竹・梅  特上・上・並  って。

あなたの扱っているコンテンツ、商品はで

松はなんですか?

竹はなんですか?

梅はなんですか?

同じ種類のものに階段を作るのがより効果があり、
まったく違うもので価格差をつけても、
よほどの信頼がない限り、お客様は階段を上って来てくれません。

たとえば、

梅 ハンドマッサージ 3,000円

竹 ヒーリング   10,000円

松 集客セミナー  30,000円

のように、全く脈絡のない並べ方をしてもだめなわけです。

ニーズ・ウォンツに合わせて、階段を作ってあげて
お客様の満足度を上げていくようにしましょう。

 

大切なお知らせ

最新記事を見逃したくない方は、是非、登録してくださいね。
こちらのページから読者登録や解除ができます。


 

ご登録いただきますと確認メールが届きますので、メール本文にある承認リンクをクリックして手続きを完了してください。
万が一、メールが届かない場合は、迷惑フォルダをご確認ください。

関連記事


 

最近の投稿

更新情報を受け取る