ビジネスコラム

フォローメールの作り方

あなたはお客さんにどんなフォローメールをしていますか?

一般的には、来店直後、3日以内、3週間以内・・・と区切って何度かメールを送るといいと言われています。
これは、業種によって「こうでなければいけない」というのはないと思いますが、
フォローメールを送る時期も大事ですが、内容も大事だということも覚えていてくださいね。

この記事では
ファーストフォロー
セカンドフォロー
セミファイナルフォロー
の3つについてどんな内容を書いたらいいか参考までにシェアしますね。

>> ファーストフォローメール
(購入3日後以内に送るメール)
これは、ご利用いただいた方への感謝メールです。

(1)感謝の気持ち
あたりまえですね。しっかりと感謝の気持ちを伝えましょうね。

(2)お店のこだわり、うんちくを伝えよう
改めてお店の良さ、こだわりを”具体的に”認識してもらい”口コミの元”を根付けましょう。
何を口コミしてほしいか!が鍵です。

前号でも記載しましたが、

Aさん 「あのお店どうだった?」
Bさん 「美味しかったよ」

Aさん 「あのお店どうだった?」
Cさん 「チャーシューが分厚くてびっくりしたよ。」

あなたならBさんのように口コミしてほしいですか?
それとも、Cさんのように口コミしてほしいですか?
お客さんをBさんにするのも、Cさんにするのも
あなた次第です。

商品にかける熱い思いなどをメールの内容に記載したり、
「私の使命」「こだわり」「商品のうんちく」など、
Cさんになってもらう為の「ネタ」を提供しましょう!
Cさんを、優秀な営業マンに育てよう!(Cさんはもちろんその意識はありません )

できれるなら感想をもらおう(アンケート形式がお薦め)
〇〇日までにアンケートを返信していただいた人の中から
※毎月★名に@000円の金券をプレゼント!などで回収を促してもよいでしょう。
期限と実利を表記するのがコツです。
なぜ、割引券じゃなくて金券なのかは、次号でシェアしますね。

>> セカンドフォローメール
(3週間を目安に送るメール)
ファーストメールでは、自己申告で自分の商品の良さをアピールしましたね。
セカンドメールには、「客観的な評価」を記載して送るのです。

たとえば・・・
(1)同業者(または権威者)の推薦文を載せる。
有名人や有名会社からの推薦文を借りる

(2)過去の実績を載せる
テレビに出た、雑誌で紹介されたなどは、使わない手はありません。
何か賞をもらったなどもいいですね!

(3)お客様の声を載せる
これは必須、ファーストメールなどで回収したアンケートで
お客様の声を必ず記載しましょうね。
ただし、長ったらしく記載しても読んでもらえない可能性もあります。
代表的な感想を載せて、BLOGやホームページへリンクして
そちらに掲載しておくとよいでしょう。

>> セミファイナルフォローメール
(3ヶ月を目安に送るメール)
これは、一見さんでそれ以来、反応無い方やへ送るメールです。
リピーター(常連客)には送らないで下さいね。

(1)感情ではなく、お金で釣る文章を記載
中途半端な割引は意味ないです。思いっきり価格を下げて、
買わなければ損と思わせるレターを書く。もちろん期限付きです。
ここから固定客に導ければめっけもんです。

それでもリピートしないというのは、あなたのターゲットではなかったとして
深追いしないことですね。
恋も仕事も深追いするほど逃げていくものです。
だからセミファイナルメールなんです。

ただし、この方法は、常連客とのつながりがあった時、
常連客に不公平感を与えてしまうので、
期限付き金券を発行しても違和感のない方法を常連客にも認知させておくことが必要です。
たとえば、「若干名限定であなたが当選しました」みないなくだりを入れたり。。。。
あまりほめられた手法ではありませんが、「金額が安くなればくる」ということは、
まだまだ脈ありって事です。

いかがでしょう?
できれば、セカンドメールや普段のメルマガやBLOGで再訪問してくれるといいですね。
どうせフォローメールをするなら、相手に喜ばれ、信頼されるようなメールを送りましょう。

 

大切なお知らせ

最新記事を見逃したくない方は、是非、登録してくださいね。
こちらのページから読者登録や解除ができます。


 

ご登録いただきますと確認メールが届きますので、メール本文にある承認リンクをクリックして手続きを完了してください。
万が一、メールが届かない場合は、迷惑フォルダをご確認ください。

関連記事


 

最近の投稿

更新情報を受け取る